お客様本位の業務運営に係る方針

昭和33年、アフラック生命保険会社米国本社が世界初の「がん保険」を発売し、昭和49年日本社が設立され、日本でも初めて「がん保険」が発売されました。
株式会社エイフ(以下、当社)は、昭和51年の創業以来変わらず「お客様本位の業務運営方針」(以下、本方針)を掲げ、努めてまいりました。保険会社や代理店の都合よりも、お客様の利益を最優先にする。そのために日々知識向上に努め、お客様に選ばれる代理店を目指します。
当社は、本方針のもとで業務運営を行うとともに、本方針に基づく取り組み状況を1年に1度確認し、その結果について公表します。また、社会情勢や経営環境の変化等を踏まえ、1年に1度、本方針を見直し、必要に応じて改定を行います。

方針1.お客様への充実した情報のご提供

当社は、お客様がご自身のご意向に沿った商品をお選びいただき、また、その内容を正しくご理解いただけるよう、医療環境の変化や、お客様の資産状況等に応じた必要保障額、病気の治療に必要となる経済的な費用等、充実した情報をお伝えするとともに、お客様のご意向を確認しながら、商品内容や契約に関する重要な事項等の説明を行います。

方針2.お客様への最適な商品のご提案

当社は、お客様の希望に応じて、面談・電話・手紙・メール等のコミュニケーション手段を活用した商品のご提案を行っています。ご提案に当たっては、お客様一人ひとりのご意向、加入目的、収入・資産や家族構成等に照らして最適な保障内容・妥当な保障額の保険商品をご提案します。

方針3.お客様への良質なサービスのご提供

当社は、お客様のライフステージの変化に合わせて、ご契約内容を確認のうえ、お客様情報の変更手続きや保障見直しの必要性の確認等、一人ひとりに適切なアフターフォローを行います。

方針4.お客様本位の業務運営のための態勢の整備

当社は、お客様からお寄せいただく「お客様の声」を経営に活かす仕組みや、保険募集・個人情報に係る法令等を遵守する態勢を構築し、運用します。また、お客様と当社あるいは当社従業員の利益相反によってお客様の利益を損なうことのないよう、お客様とのお取引を適切に管理します。

方針5.お客様本位の業務運営を実践するための従業員の教育等

当社は、従業員一人ひとりが「お客様第一主義」、「お客様本位」といった理念を共有し、実践できるよう教育を行います。また、お客様本位の業務の実践を測る指標を従業員の評価体系に組み入れ、その実効性の向上を図ります。

金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」と当社「お客様本位の業務運営に係る方針」の対応関係

金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則(表中は、原則)」と
当社の「お客様本位の業務運営に係る方針(表中は、方針)」との対応関係は以下のとおりです。

※1 原則2、3、7は(注)を含みます。
※2 当社は保険募集代理店であり金融商品の組成には携わっておりません。
   したがって、原則6(注3)については当社方針の対象とはしておりません。